早速調べてみました。

テロメラーゼ酵素、早速調べてみました。

◎テロメラーゼはNO(一酸化窒素)によって主にコントロールされていると考えられています。すなわち、テロメラーゼはNOによって活性化されます。

◎種々の生体成分や天然成分やライフスタイルが、死亡率を低下させたり、寿命を延ばしたり、健康寿命を延ばしたり、老化を防いだり、老化病を抑制することが知られていますが、それらの成分やライフスタイルは、テロメアを保護してその短縮を抑制したり〔抗酸化剤、ビタミン類(葉酸、ビタミンB12、ナイアシン、ビタミンDなど)、ミネラル(マグネシウム、亜鉛など)、オメガ―3脂肪酸、ポリフェノール、運動、地中海食、エストロゲンなど〕、テロメラーゼを活性化(保護)(抗酸化剤、地中海食、ビタミンD,エストロゲン、亜鉛など)します。それらの働きはそれら成分やライフスタイルによる抗酸化作用やNOを介する作用が主に関係しているものと考えられます。

◎アルギニンは、一酸化窒素合成酵素(eNOS)を活性化し、一酸化窒素(NO)の生成を促進します。NOはテロメラーゼを活性化し、テロメアの短縮を防いだり、テロメアを伸ばしたりして、細胞の老化を防ぎます。このようにして、アルギニンは、寿命を延長し、老化や老化病を抑制するものと考えられます。

◎アルギニン(NO)は、テロメラーゼを活性化しテロメア長を維持・伸長するだけではなく、長寿遺伝子(サーチュイン)の活性化など、老化や老化病を抑制するための様々な働きをします。また、アルギニンは、老化の大きな原因の一つと言われている糖化を抑制します。実際、アルギニンは、寿命を延長し、老化や老化病を強力に抑制しました。

◎このように、アルギニンは、現在老化の最も有力な二大説であるプログラム説と摩耗説両面から強力に老化を抑制する、これまでの中で最も強力なアンチエイジング成分と考えられます。さらに抗酸化剤(ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10など)と一緒に摂取することで、さらに強力に寿命を延長し、老化や老化病を強力に抑制することが期待できます。

◎『アルギニン』は生体成分(体に必要なアミノ酸)です。アルギニンの安全性は高く副作用の心配はほとんどないと考えられます。

 

アルギニンは大豆、肉類、魚類に多く含まれますが特に多いのが海老、マグロ、豚ゼラチン(豚の脂)。

カロリーオーバーしないように上手に取り入れていきたいですね!

いや、テロメアを伸ばすために絶対取り入れていかねば!!

リバティス

2017年4月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : libertess.jp